土倉鉱山1 残雪の鉱山跡へ

土倉鉱山跡の位置
2009年2月6日

FMトランスミッターで繋げたiPodのBGMを聴きながら、琵琶湖西岸のバイパスを北上する。
行き先は滋賀県伊香郡木之本町(※1)の山奥にある、土倉鉱山跡である。

(※1) 木之本(きのもと)町…現在の滋賀県長浜市の一部。廃墟部訪問の1年後(2010年)に長浜市へ編入合併され消滅した。

今回の廃墟部は助手席に鷹輔氏、後部座席にゆ◎さん、そしてハンドルを握る僕の三人だ。
鉱山好きのはむっちさんは補講だったかバイトだったかで予定が合わず、残念ながら来れなかった。
京都駅前のマツダレンタカーで借りた軽自動車で、残雪の鉱山跡へ向かう。

12:09

木之本の市街地を走行していると、ふいに年季の入った歩道橋が目に入った。
なんだこれ。思わず車を停めた。

古びた歩道橋

もしかして廃歩道橋かと思ったら現役だった。屋根がついているのは雪国仕様だろうか。
滋賀県は北部と南部で気候が違い、北部は豪雪地帯に指定されている(木之本町の北隣に位置していた旧・余呉町は特別豪雪地帯だった)。
冬場になるとよく東海道新幹線が大雪で遅れるのも、滋賀県北部と関ヶ原越えがルート上にあることが影響している。
大雪シーズンには、ここ木之本町もすごいことになるのだろうか。

滋賀の持つ意外な一面をチラ見してしまったが、これから向かう土倉鉱山はどんな感じになっているのか、期待と不安が入り混じる。車で行ければいいのだけれど。
木之本町の市街地から離れ、国道303号で山奥へと車を進める。山間部が目的地なのは廃墟部恒例である。
滋賀県って一見、琵琶湖が県の半分くらいを占めているように見えるが、琵琶湖の面積が滋賀県に占める割合は6分の1。意外と山深い地域も多くあり、中には廃村も存在する。

国道303号旧道へ

旧道を歩く

木之本町の市街地を離れ、山奥に向かって国道303号を走る。
長いトンネル、山あいに昔ながらの家々が立ち並んだ金居原の集落を抜け、旧道への分岐に差し掛かった。

[A地点] 旧道側より分岐点を振り返る

土倉鉱山跡はこの旧道の先に存在するが、冬期通行止めになっており塞がれていた。止むを得ず車はここに駐車しておく。

ここから歩いて行ける距離だったかな…。
土倉鉱山には以前一人でバイクに乗って訪問したことがあったが、どれほどの距離だったかは忘れてしまった。
念のために場所を確認しようと、トランクに積み込んでいたノートPCを起動した。イーモバイルは余裕で圏外だった。携帯も全くだめ。(まだiPhoneがなかったのは時代ですね)

細い道幅の旧道

12:48

旧道を歩いて向かう。奈良県で廃村へ向かった時もそうだったが、廃墟部は車を目的地手前に停めて歩きがちである。
それにしても、かつて国道だったとは思えないほどの幅の狭さだ。この道を大型ダンプが行き交うこともあったのだろうか。
なお、国道303号金居原バイパスとして機能している現道は、写真左上の崖の上を通る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です