土倉鉱山1 残雪の鉱山跡へ

13:07

旧道からさらに分岐した細い砂利道を進むと、突如開けたところに出た。
土倉鉱山跡だ。迷わずたどり着いて良かった。
ちなみにこれは選鉱場跡で、採掘した鉱石から不純物を取り分ける場所だという。
わずかに雪が残っているが、融けた雪であちこちに大きな水溜まりができていた。

斜面にそびえ立つコンクリートの建築物。廃墟というより遺跡である。
現役時代はどんな感じだったのだろう。

入ってみよう。なぜだろうか、アーチをくぐるだけでワクワクする。

日陰の雪はちょっと深かった。

つづきます。(執筆中)

【斉藤ユタカ / 廃墟部】
[2017.10.10 校正]
参考文献・サイト
木之本町 Wikipedia
地域資源データベース 長浜市
土倉鉱山概況 日窒鉱業株式会社土倉鉱業所 1958
1 残雪の鉱山跡へ | 2 鉱山跡を登る | 3 現役時代(資料編)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL